【バイザー株式会社】すぐメールニュース 臨時号

2017年05月配信

今月は臨時号としてメルマガをお送りします。
皆様の安心で快適な生活の一助となれば幸いです。

--------------------------------------------------------------------

もくじ
◎「J-ALERT(Jアラート)」とは?
◎実際に配信された事例
◎「MVNO」について
◎あとがき

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◎「J-ALERT(Jアラート)」とは?

日本を取り巻く国際情勢が変化している中で「J-ALERT」という言葉を
耳にする機会が増えてきました。
「J-ALERT」とは「全国瞬時警戒システム(Jアラート)※以下Jアラート」の通称であり、
気象庁による気象関連情報と内閣官房による有事関連情報が
瞬時に伝達されるシステムです。
配信される情報は、大雨、洪水など気象関連情報と地震、津波、噴火や
弾道ミサイル、ゲリラ、テロなど有事関連情報など24種類にわたり、
平成28年5月時点で全国の自治体が受信機および自動起動装置を整備しています。
情報は、地域衛星通信ネットワークより防災行政無線を起動して有線放送、
音声放送やサイレンで伝達されます。
自然災害時には防災行政無線が聞き取れない状況もありえる為、エリアメールや
連携したメール配信サービスやCATVなど、多重的な発信の対策が取られることが多く、
今後より多くの方に届けられる手段を増やしていくことが課題となっています。

参考リンク
J-ALERTの概要
http://www.fdma.go.jp/html/intro/form/pdf/kokuminhogo_unyou/kokuminhogo_unyou_main/J-ALERT_gaiyou.pdf
http://www.fdma.go.jp/html/intro/form/pdf/kokuminhogo_unyou/kokuminhogo_unyou_main/J-ALERT_gaiyou_h28.pdf

内閣府 防災情報のページ
J-ALERT最近の運用状況について
http://www.bousai.go.jp/jishin/eew/dai9kai/shiryo2.pdf

◎実際に配信された事例

最近の事例では2016年2月に、北朝鮮より発射されたミサイルと見られる飛翔体が
日本の領土・領海に落下する可能性があるとして、沖縄県でJアラートによる情報発信がされました。
当時の時間経過とできごとは以下の通りです。

2016年2月7日

9時31分頃 北朝鮮西岸の東倉里(トンチャンリ)付近からミサイルと思われる飛翔体が発射
9時33分頃 「総理指示」が発出され総務省・消防庁が対応
9時34分頃 Jアラートで「発射情報」を沖縄県に送信
9時35分頃 「Em-Net(エムネット)※緊急情報ネットワークシステム」により
沖縄県以外の都道府県に「発射情報」を送信
※その後9時47分頃に「通過情報」、10時05分頃に「落下物1の落下予測地域情報」をファックス送信
9時37分頃 海上に落下物が1つ落下
9時39分頃 海上に落下物が2つ落下
9時41分頃 飛翔体が沖縄県上空を太平洋に向けて通過
9時42分頃 Jアラートで「通過情報」を沖縄県に送信
9時45分頃 海上に落下物が1つ落下

有事の際には同様の流れでJアラートが作動すると考えられます。

参考リンク
防衛省・自衛隊:「大臣臨時会見概要」
http://www.mod.go.jp/j/press/kisha/2016/02/07.html

衆議院議員 高市早苗氏コラム「北朝鮮によるミサイル発射と総務省・消防庁の対応」
https://www.sanae.gr.jp/column_details801.html

◎「MVNO」について

最近、主要携帯電話格安スマホ、格安simといったいわゆる「仮想移動体通信事業者(MVNO)
※以下MVNO」に乗り換える方が増えています。

携帯電話維持費を安く抑えられることが多いなど、魅力的な一方でトラブルも多発しており、
国民生活センターが注意喚起を発表したことも話題となりました。
実は、先にご紹介した「Jアラート」はMVNOの携帯電話では受信できない場合があり、消防庁が
「スマートフォンアプリ等による国民保護情報の配信サービスの活用」として案内しています。
その中で「携帯電話・スマートフォンのほとんどが、エリアメール・緊急速報メールを受信できますが、
一部には受信できないものがあります。」と記載があります。
またMVNOのひとつである「IIJmio」は公式ブログで自社を含む事業者の扱う携帯電話・スマートフォンで
Jアラートが受信できないことがある、と注意を呼びかけています。
受信できない機種をお持ちの場合、あるいは対応しているかどうかが不明な場合には、
Yahoo!防災情報などの防災アプリをダウンロードしたり、自治体が配信している住民向けメール配信
サービスに連携していれば、登録することでJアラートの内容が受け取れる様になります。

参考リンク
総務省消防庁
スマートフォンアプリ等による国民保護情報の配信サービスの活用(平成29年5月11日)[PDF]
https://www.fdma.go.jp/neuter/topics/houdou/h29/05/290511_houdou_1.pdf

IIJのエンジニアによる公式blog (てくろぐ=tech・blog)
IIJmioを含む「格安スマホ」(MVNO)でのJアラート(ミサイル発射情報)の受信について
http://techlog.iij.ad.jp/archives/2219

◎まとめ

有事の際だけでなく、これから本格的な台風シーズンとなり、気象情報も気になります。
万が一の際の準備として、Jアラートの受信を確実にできる様に、携帯電話を確認していただくと良いでしょう。

バックナンバー一覧に戻る