すぐメール

フリーダイヤル0120-670-970
受付時間 平日9:00〜18:00土日祝休み

「防災アプリ」という新しい情報発信のカタチ

静岡県 沼津市 危機管理課 白岩様

2019年 12月

山と海に囲まれ風光明媚な静岡県沼津市。
古くは東海道の要所として、また別荘地や観光地として今日まで多くの人が訪れている沼津市様では「すぐメール」を使って、市民の方に向けたメール配信を行ってこられています。
今回、新たに防災アプリを導入されることになり、危機管理課の白岩様に導入のねらいや今後の展望についてお話を伺いました。

港町だからこその課題と防災対策

- 静岡県沼津市の特徴を教えてください。

沼津市は、伊豆半島の付け根に位置する人口約19万人の市です。北は富士山を仰ぐ愛鷹山南麓が広がり、南は達磨山を最高峰に急傾斜面の山々が連なる変化に富んだ海岸線が形成されています。

そういった地理的な環境から南海トラフ地震が発生した場合、甚大な津波被害が生じる恐れがあることが指摘されています。また、市南部地域などでは土砂災害の危険性があるほか、市内中心部を流れる1級河川狩野川においては、台風などの豪雨時に河川氾濫の恐れがあるとともに、増水時においてバックウォーターによる内水氾濫の危険があり、先日の台風第19号(注:2019年10月)でも市内の一部地区で大規模な浸水被害が発生しています。

- 海が近いということで、治水対策を実施されているそうですね。

海岸線の延長が約60kmと長いこともあり、市の西側は防波堤・防潮堤を整備しています。

また、沼津港には扉体(ひたい)の大きさが幅40m、高さ9.3mある日本最大級の水門「びゅうお」が津波対策として設置されています。水門上部には沼津市が設置した観光施設もあるのですが、当時の担当も実は私でした。

- そうだったのですね。では白岩様の所属されている危機管理課について教えてください。

危機管理課の業務は、様々な危機事象から、市民の皆さんの安全を確保するため、危機の発生の予防や、発生後における被害の軽減などを担っています。

また、地震・津波からの減災対策、避難地・避難所の指定、非常食をはじめとする防災資機材の整備、情報受発信システムの強化や防災訓練の高度化などに取り組んでいます。

音声以外の新たな伝達手段を検討

-アプリ導入のきっかけとなった背景や抱えている課題について教えてください。

沼津市では、災害時の情報提供は、同報無線からの音声による伝達が主となっています。しかし、市民の皆さんから音声が聞き取りづらいとの声が多く寄せられていました。

強風や豪雨の音にかき消されてしまったり、住宅の気密性が高くなったことなどが原因として挙げられますが、音声での伝達には限界があると感じていました。

また、現在施工中の同報無線のデジタル化整備工事により、従来のアナログ波で同報無線を受信する防災ラジオが使用できなくなるという問題も抱えています。

-音声以外の伝達方法を模索するきっかけとなったのですね。

はい。もともと沼津市では、同報無線による情報伝達の補完として、すぐメールを活用していましたが、更なる情報伝達の多様化を求められる状況にありました。

様々な伝達手段を検討しましたが、避難勧告等の情報を伝達するだけでなく、マップを活用した浸水などの区域表示が可能であること、避難所の位置が表示でき、ルート案内ができることなどの付加価値が高いことから、防災アプリを導入することにしました。

-視覚的な伝達を重要視されているのでしょうか。

避難情報などのプッシュ通知はメールソフトの機能で可能ですから、メール配信もある意味、視覚的な伝達に対応していると言えます。その上で、最近はスマートフォン普及率が格段に上がり、高齢者の利用者も増えていることから、メールの文字情報だけでは表現しきれないこと、もっと視覚的な伝達が非常に重要であると考えてきました。

検討した結果、受信者が文字情報だけでなく、防災マップなど能動的に情報を確認でき、誰が見てもわかる様な情報伝達方法として、防災アプリであれば実現ができ最適ではないかということになりました。

-アプリ導入に際して、どの様な基準でご選定いただいたのでしょうか。

前述の通り、以前から「すぐメール」を活用しており、今回、住民向けのメールを「すぐメールPlus+」にバージョンアップしました。

危機管理情報の発信には迅速性が求められることが多いですので、すぐメールPlus+との連携性が高く発信の操作が容易にできること、また、既存品ながらカスタマイズにより沼津市独自のアプリとすることができることなどから「マチエール防災アプリ」を選定しました。

地域に特化した独自アプリであれば、使いやすさも格段に上がりますし、市民の皆さんも自分の住んでいる市から「防災」に関した公式のアプリを出しているとなれば、アプリストアから迷わずダウンロードしていただけます。

また、バイザーの担当の方とアプリの開発を進めていく中で、いろいろと要望を伝えたのですが、快く対応してもらえたのも非常に良かったと感じています。

より多くの人への情報配信を目指して

-今後の課題などがあれば教えてください。

先述の通り、家庭に設置している防災ラジオが受信できなくなるということで、今まで聴けていた情報がなくなるのは困る、という声もいただいています。

今回は防災アプリを導入しましたが、デジタル機器の扱いに慣れていない方や、機器を持たない世帯に対する情報発信をどうするかという課題は残っています。

-課題の解決策や展望はありますでしょうか。

防災ラジオやデジタル機器の代わりに、市からの情報を電話での音声配信やFAXへの配信で案内できないかと考えています。
FAXは現在、市から手作業で聴覚障がい者の方に向けて配信しているのですが、すぐメールPlus+であれば、電話とFAXにもメールと一緒にワンオペレーションで配信が可能ということで、システムの追加を検討しています。

TOPへ
TOPへ